So-net無料ブログ作成

Aタップ使ってみる [マシニング加工日記]

RIMG0073.JPG
今更な感じだけどAタップ使ってみる。



本来なら鉄系とかSUS系にすごくいいらいいけど、「アルミに使えますよ」と営業さんが言ってたので使ってみました。



切り子がビューンって飛ぶからトラブルがないっての売りのひとつなんですよね。



条件確認すると切削速度5~50ってなんとも範囲が広い(-ω-;)ウーン



とりあえずいつもやってる感じでやってみる。



M10のP1.5で回転数600です。



RIMG0075.JPG
6箇所10こくらいやってこれです。切り子ビューンとはいかなかったですね∑(ノ∀`*)アチャー



やっぱアルミはダメなのかな?



多少速度上げ下げしたけどあまりかわらんなぁ あんまり上げてお釈迦にしちゃうとアレだからソコソコでやめたけど・・・・



回転数が思いっきり上げられるタッピングセンターなんかだといけるのだろうか?



今度端材でやってみるかな?




コメント(2) 
共通テーマ:仕事

コメント 2

栗さん

最近は怖いので回転落としてます(笑)
しかも深さは2D以下までにしてます。
R点は5ミリ以上です。
by 栗さん (2015-02-10 17:48) 

はがせんむ

栗さん

毎度お世話様です

タップ3D以上は加工賃割り増しですよね。

R点は3かな。

そう教わったから。なんとなく。


by はがせんむ (2015-02-10 17:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。