So-net無料ブログ作成

複合旋盤加工で多方面から穴加工すると色々とギリギリ [CNC旋盤加工日記]

IMG_1673.jpg
円筒側の加工をしようとするとチャックやターレットについてる工具諸々との干渉がとても多くなります。今回もそうだけど基本高爪で外側よけるために削るみたいな。

今回円筒側の貫通穴と端面側の穴とクロスする加工で、マシニングでやっても良さそうだったんですがうちとしてはとても数の多い100個もやらなくてはならなかったので重い腰を上げてY軸付NC旋盤でやることにしました。初回だし爪削ったりホルダー取り付けたりで段取りだけで3時間位かかります。

端面側の穴深さがΦ4で50ミリでちと長いので内部給油にしたんですが、4ミリの内部給油用のコレットが無いって事によりによって土曜日に気が付き、仕方ないんで焼嵌めしてΦ16にしてやったもんだから余計に長くなってしまって・・・

IMG_1671.jpg
結果円筒側の加工時に壁ギリギリになってしまった(;´д`)


IMG_1672.jpg
まあいくらギリギリとはいえ壁に当たらなければ問題ないのですがね。


こういうの考えるとインテみたいなHSK主軸タイプみたいな複合旋盤が段取りも早そうだし自由度も高いし良さそうなんだけど場所取るし高いしなぁ・・・
それにあっちはあっちで爪との干渉が多そうだしなぁと色々と考えてしまいました。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事