So-net無料ブログ作成

うちの制御装置シーメンスなんです [マシニング加工(五軸)]

IMG_1980.jpg
五軸のマシニング買うことになって、場所の制限とか(これが一番ですが)、使い勝手とか、今までのお付き合いとか、大人の事情とかいろいろあってDMU50にしたわけなんですが

制御装置がいろいろ選べるんですよ。ファナック、シーメンス、ハイデンハインと

で、何となくファナック仕様で進んでたんですが、担当さんはDMG系に弱いこともあって実際に使ってる詳しい人に話聞きたいとお願いして毎度おなじみ潮見のGMQに行って実際使ってるオペレーターの人にいろいろ聞いたんですよ

「うちは現状では多方面からの加工するような感じの仕事が多くて、同時五軸とか必要な場面はほぼほぼ無い」と言ったら、みんな口をそろえて「シーメンスがいい」との事。

何故かと言うと「割り出しのプログラムがとにかく簡単」というのです。

IMG_2011.jpg
ここで数値を入れて行けばメンドクサイ割り出し作業が簡単に出来ます。

僕は導入翌日に割り出して実加工を始めたくらいですから。(教えてもらいながらですが・・・)

IMG_1979.jpg
これは5方向に加工がある仕事なんですが対話で割り出して加工しました。
たまに頭こんがらがってあさっての方向で加工(シミュレーション上で)したりしてしまいますが最終的に描画がちゃんとできればOKです。

こんな感じで割り出して穴加工とか簡単な形状加工とかは基本対話でやって、CAMで作ったプログラムも対話にぶち込むことも出来ますし、GコードでもG291を入れば多少変更すれば昔作ったプログラムも動くので対話に昔のプログラムをぶち込んだりもしてます。


とりあえずハンコ押す直前でシーメンスに変更して良かったな~と思ってます。



コメント(2) 
共通テーマ:仕事