So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

立ち壁の深いところの壁際にタップ加工 [CNC旋盤加工日記]

IMG_0611.jpg
丸ものの加工ですが壁際の深いところにタップ加工しなければなりません(=_=)
深さは130位だったかな?M6でタップ深さは10㍉


一度ロングシャンクドリルとタップで加工したんですが、なんだか怪しい感じ(笑)の仕上がりだったのでロングのストレートシャンクでコレット式のを物色してました。

クリアランスが8ミリなので、できればΦ12~16以下。
横型みたいな加工になるので出来ればクーラントスルー。

何点か見つけたんですがクーラントスルーはダメみたいなので焼嵌めの16のシャンクのぶつかる部分を旋盤で削って14にして、タップは外部給油であきらめてB.Cテックのタップチャックってのを使用。


IMG_0614.jpg
ドリルもなるべくシャンクが長いのを使った。

IMG_0612.jpg

IMG_0610.jpg
ギリギリで怖いですが仕上がりは良く安心して出来るようになりました。


後日栗さんのブログで
Φ14シャンクで6mmつかめるストレートシャンクがあるのを知りましたが・・・






コメント(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。